背景画像

恐竜の生息地(発見地)。[恐竜図鑑]

恐竜の生息地(発見地)

このページでは当サイトで掲載している恐竜を生息地(発見地)ごとに分けてリスト化し、下記にてご紹介しています。
詳細を調べる際には、それぞれの恐竜の名前をクリックしてください。
恐竜の化石は世界中で発見されていますが、上記の一覧を見て分かる通り、発見された恐竜の種類においては北米大陸が最も多くなっています。
北米大陸以外のの有名な採掘場としてはアジアの中国などが有名で、アジアにおいてはモンゴルなども多くの恐竜の化石が発掘されています。
また、南米のアルゼンチンはアルゼンチノサウルスをはじめとする巨大恐竜の化石が多く発見されている土地で、最大級の肉食恐竜であるギガノトサウルスの化石が発見された事でも知られています。
ヨーロッパで発見された恐竜の化石は比較的、古い時代から生息していた恐竜が多い事が特徴的で、三畳紀やジュラ紀など白亜紀よりも前の時代に繁栄した恐竜の化石が多く見つかっています。

変わった所で発見された恐竜としては南極で発見されたクリオロフォサウルスで、この恐竜の化石が最初に発見された事で、後の南極での化石発掘につながったと言えるでしょう。
近年では日本でも化石が発見されるようになり、様々な国で多くの新種の恐竜の化石が見つかっている事から、上記以外の恐竜も長く更新を続けてできるだけ多く掲載していく予定です。
尚、記録に記載されている範囲で世界で最初に恐竜の化石が発見された地はイギリスのミッドランド地方で、1818年に発見されたメガロサウルスだとされています。