背景画像

白亜紀の恐竜。[恐竜図鑑]

白亜紀の恐竜

このページでは当サイトで掲載している白亜紀に活動していた恐竜を五十音順でリスト化し、下記にてご紹介しています。
詳細を調べる際には、それぞれの恐竜の名前をクリックしてください。
白亜紀とは今から1億4550万年前から6550万年前までの8000万年の期間を指し、最も多くの種類の恐竜が繁栄した時代だと考えられており、恐竜が生存していた最後の時代でもあります。
また、ジュラ紀に分断され大きくふたつに分かれた超大陸パンゲアは白亜紀に入って更に細かく分かれていき、ヨーロッパ、アジア、北アメリカなどが出現し、現在の地図に見られるような大陸の構成に近づいていきました。

白亜紀は気温が最も上昇した時代としても知られ、その暑さは寒冷地域においても熱帯性の植物が生い茂るほどで、結果、氷はその姿を保つ事ができずに水になり、水が増えて水位が上がった事によって低い陸地は浅い海となっていきました。

恐竜の世界においては角竜類などが新たにあらわれ、既存の恐竜たちも様々な種類に分かれていき、多様化を遂げていきました。更に北半球においてはティラノサウルスのような大型の肉食恐竜なども現れた事により、恐竜の時代において最も巨大な種がこの時代に出現します。

しかし、多種多様な恐竜が繁栄を極めた白亜紀は急激な気候変動や巨大隕石の落下によって終わりを告げ、白亜紀末期には鳥類以外の恐竜たちは急激にその数を減らし、絶滅への一途をたどる事となります。