背景画像

サウロペルタ。[恐竜図鑑]

サウロペルタ
Sauropelta

サウロペルタの画像
科名
ノドサウルス科
分類
アンキロサウルス類、鳥盤類、ゲナサウルス類、エウリポッド類
生息地(発見地)
北米(アメリカ)
時代
1億2500万~1億年前(白亜紀前期)
全長
5~8m
体重
2.6~3.5トン
食べ物
植物
繁殖形態
卵生
解説
サウロペルタとは「トカゲの盾」という意味で、名前の通り全身が鎧のような装甲で覆われた4足歩行の草食恐竜です。また、かなり体が大きく全身に角があった為、成長した個体であれば、大型の肉食恐竜に襲われる危険性も低かったと考えられていましたが、実際には凶暴なドロマエオサウルス類の恐竜やデイノニクスなどから、攻撃を受けていた形跡が発見されています。

サウロペルタの体の大きな特徴としては前脚が後脚よりも短く、全身を覆っている骨質のコブの中に紛れている肩の上にある非常に大きな角と、首を守る為に発達したと思われる首の上の大きな角が非常に目立っています。
また、腰の上部では骨盤と骨質のコブが癒着して強靭な盾が形成されており、この特徴から「トカゲの盾」という名前がついたと言われています。

尚、サウロペルタの骨格標本は数個体分、発見されており、鎧一式の完全な復元が完了しています。このようなしっかりとした情報源がある事からサウロペルタは同じグループの仲間の恐竜の中では最も研究がすすんでいる恐竜のひとつとなっています。