背景画像

ベイピアオサウルス。[恐竜図鑑]

ベイピアオサウルス
Beipiaosaurus

ベイピアオサウルスの画像
科名
テリジノサウルス科
分類
獣脚類、竜盤類、テリジノサウルス類、獣脚亜目、コエルロサウルス類
生息地(発見地)
アジア(中国)
時代
1億2500万年前(白亜紀前期)
全長
約2.2m
体重
約90kg
食べ物
植物
繁殖形態
卵生
解説
ベイピアオサウルスは中国の遼寧省で化石が発掘され、1999年に記載された全身が羽毛に覆われた羽毛恐竜です。
手足や頭部など、見た目は鳥類にも似ている部分を持っていますが飛ぶような羽は持っておらず、二足歩行で移動し植物を食べていたと考えられています。

ベイピアオサウルスは胴体と尾ががっしりとしていて約2mと恐竜としては小型ながらも体重は100kg近くあったとされ、長い首と植物を食べるのに向いた歯を持っていました。この歯の構造こそが植物食であったとされる根拠となっていますが、それ以外の証拠は見つかっておらず、確実に植物を食べていたとは言い切れない部分もあります。
また、ベイピアオサウルスは現在の飛行する鳥と同じように癒合した骨を持っている事も特徴のひとつですが、空を飛ぶ事がなかったベイピアオサウルスの骨がなぜこのような構造になっていた理由は現在も分からず、謎のままとなっています。

尚、ベイピアオサウルスの「ベイピアオ」とは化石が発掘された土地の地名である「北票(ベイピアオ)」から取って名づけられました。