背景画像

ジュラ紀の恐竜。[恐竜図鑑]

ジュラ紀の恐竜

このページでは当サイトで掲載しているジュラ紀に生きていた恐竜を五十音順でリスト化し、下記にてご紹介しています。
詳細を調べる際には、それぞれの恐竜の名前をクリックしてください。
ジュラ紀とは今から1億9960万年から1億4550万年前までの期間を指し、多くの恐竜が繁栄した時代として恐竜にあまり興味がない人にも広く知られています。
ジュラ紀が始まると世界がパンゲアというひとつの大陸であった時代が終わり、パンゲアはローラシアとゴンドワナという巨大な二つの大陸に分かれていきます。これらの大陸は更に細かく分裂していき、恐竜たちの生息地域が海によってハッキリと分かれた事によって、それぞれの大陸に住む恐竜は独自の進化を遂げていく事になります。

ジュラ紀は三畳紀末期から出現した鳥類の生息数が増え、生息域を広げていった時代でもあり、アエトサウルス類、フィトサウルス類、ラウイスクス類などに属する多くの恐竜が絶滅するなど、恐竜にとってのジュラ行は大きな試練が訪れた時代でもあり、更なる繁栄の為の革命が始まった時代でもありました。
また、イチョウやチリマツに似た針葉樹が出現し、マツやシダ、ソテツなどの植物が増殖した事によって、乾燥した地域が減少し、地球が緑に覆われていった事によって食料としての植物が豊富になり、巨大な草食恐竜が現れ始めたのも、このジュラ紀だとされています。

尚、ジュラ紀はもうひとつの代表的な恐竜の時代であり、恐竜にとって末期の時代であった白亜紀と比べると発見されている恐竜の種類は少なくなっています。