背景画像

羽毛恐竜。[恐竜図鑑]

羽毛恐竜

このページではまだ恐竜が生きていた古代の地球に生息していたとされる羽毛を持った羽毛恐竜を五十音順でリスト化し、下記にてご紹介しています。
詳細を調べる際には、それぞれの名前をクリックしてください。
羽毛恐竜とは鳥類の羽毛と同質の毛を持っていたとされる恐竜で、最初の羽毛恐竜は二足歩行であり、後ろ脚だけで走るなどの活動ができた獣脚類の一種です。また、現在のダチョウと同じく羽毛を持っていても飛ぶ事はできませんでした。

現在では獣脚類こそが鳥類の祖先であるという事は疑問の余地がないと言われており、鳥類の起源に関しては終止符が打たれる事になりました。
鳥類の祖先は恐竜の3大グループの中の獣脚類ですが、当然の事ながら獣脚類の中でも特定のグループだけが鳥類の祖先になっていると考えられていました。それが羽毛を持った獣脚類である、いわゆる羽毛恐竜です。
また、以前はトカゲのような皮膚だったと考えられていたティラノサウルスなどの有名な獣脚類も羽毛を持っていた可能性が指摘されています。
飛ぶ機能がない獣脚類がなぜ羽毛を持っていたのかという点に関しては、羽毛の持つ高い保温能力が役に立っていたからではないかと推測されており、元々、保温の為であった羽毛が進化と共にじょじょに現在の鳥類のような形に進化し、飛行に使用されるようになったのではないかと言われています。