背景画像

アクロカントサウルス。[恐竜図鑑]

アクロカントサウルス
Acrocanthosaurus

アクロカントサウルスの画像
科名
アロサウルス科
分類
獣脚類、竜盤類、獣脚亜目、テヌタラ類、カルノサウルス類
生息地(発見地)
北米(アメリカ)
時代
1億2500万~1億1200万年前(白亜紀前期~白亜紀中期)
全長
約12m
体重
2~4トン
食べ物
繁殖形態
卵生
解説
アクロカントサウルスは白亜紀の前期から中期にかけて現在のアメリカ南西部の地域に生息していた大型の肉食恐竜で、その時代においては最強の肉食恐竜のひとつであったと考えられている恐竜です。

アクロカントサウルスの体の特徴としては現在のサメと同じように歯が折れてしまっても新しい歯が同じ場所に生えた事などがあげられ、歯のサイズは大きかったようですが、厚みがあまりなかった事から折れやすくなっていたようです。
他の大型の肉食恐竜と比較すると手や腕ががっしりとしており、指についた鉤爪は獲物を捕えるには十分なものでした。また、背中には最大で60cmにも及ぶ棘状の突起が並んでいましたが、これには上記の図のように肉質の膜が覆っていたと考えられています。

アクロカントサウルスの化石はアメリカのオクラホマ州とテキサス州で4体の状態の良い個体が発見されており、この発見によって研究が大きく進み、更に多くの多数の足跡が発見された事によって捕食の際の動きが、ある程度、推測できるようなりました。
また、アクロカントサウルスの獲物となっていたと考えられているプレウロコエルス側の大型の個体が群れの外側を囲うという現在の草食動物などでも見られる行動をとっていた事も明らかになりました。