背景画像

肉食の恐竜。[恐竜図鑑]

肉食恐竜

このページでは恐竜が生きていた古代の地球に存在していた肉食恐竜を五十音順でリスト化し、下記にてご紹介しています。
一般的に肉食恐竜とされているものの多くは巨大なティラノサウルス、アロサウルス、タルボサウルスなどに代表される二本足で歩行する獣脚類である事が殆どですが、その他の肉食の恐竜としては空を飛び、獲物をハントしていたと考えられているケツァルコアトルスやプテラノドンなどが属しているプテロダクティルス類や、同じ空を飛んでいる恐竜ながらプテロダクティルス類と比べると小型のランフォリンクス類の恐竜などが挙げられます。

また、恐竜の生きた時代には現代においても繁栄し続けている鳥類の祖先とされる、アーケオプテリクスなどの古代の鳥類も生息しており、こちらも魚や昆虫を主食としていた肉食の動物であったと考えられています。
鳥類の他にも現在のサメのように魚などの水生の動物を主食としていた海生爬虫類も古代の海では多く見る事ができたとされており、これらの種は獰猛で、魚のような形の体にワニのような大きな口を持った動物だったと言われています。

このように古代の地球では現在では似たような生物すら見る事ができない、さまざまな肉食動物が存在し、今では想像できないような超大型の肉食動物が繁栄した時代だったと言えるでしょう。