背景画像

ブラキオサウルス。[恐竜図鑑]

ブラキオサウルス
Brachiosaurus

ブラキオサウルスの画像
科名
ブラキオサウルス科
分類
竜脚類、竜脚形亜目、竜盤類、マクロナリス類
生息地(発見地)
北米(アメリカ)、アフリカ(タンザニア)
時代
1億6100万~1億4600万(ジュラ紀後期)
全長
約25m
体重
40~70トン
食べ物
植物
繁殖形態
卵生
人との比較
ブラキオサウルスと人
解説
ブラキオサウルスは約100年前の1900年に発見された恐竜で、それから長い間、史上最大の恐竜として紹介され、有名になった恐竜です。
しかし、近年、アルゼンチノサウルスやセイスモサウルスなどの更に大きな恐竜が新たに発見され、最大の恐竜と言う地位は奪われてしまいましたが、現在もその高い知名度と人気は衰える事はないようです。

ブラキオサウルスの体の特徴は非常に長い首と後脚と比べてかなり長い前脚などが大きな特徴で、その他にも頭の上部がドーム状に盛り上がっており、その頭部の上の方には鼻孔がついてるなどの特徴を持っていました。
また、その長い首を持ち上げるとその高さは16mにも達していたとい言われ、その高さを活かして古代の針葉樹などの高い木に生えている葉や新芽などを食べていたと考えられています。
ブラキオサウルスは体の非常に大きな恐竜ですが、頭骨はあまり大きくはなく、長さは約50cm程度で、敵が現れた場合には長い尾を武器として使用していたと言われています。

尚、ジュラ紀後期に繁栄したとされるブラキオサウルスの化石は発見された数が非常に少なく、ジュラ紀後期の地層以外では見つかっていませんが、近縁種の化石が白亜紀前期の地層で発見された事からブラキオサウルス類の恐竜はジュラ紀以降も繁栄していた事が分かっています。