背景画像

アルゼンチノサウルス[恐竜図鑑]

アルゼンチノサウルス
Argentinosaurus

アルゼンチノサウルスの画像
科名
アンデサウルス科
分類
竜脚類、竜脚形亜目、竜盤類、新竜脚類
生息地(発見地)
南米(アルゼンチン)
時代
1億~9300万年前(白亜紀前期~白亜紀後期)
全長
33~41m
体重
75~90トン
食べ物
植物
繁殖形態
卵生
アルゼンチノサウルスの画像2
解説
アルゼンチノサウルスは地球の長い歴史の中で最も体の大きい地上の生物だったと考えられている恐竜で、その体重は90トンにも及びます。また、同じ竜脚類に属するセイスモサウルスも最大の恐竜として知られていますが、こちらは体長が最も長い恐竜だったと考えられています。

最大の恐竜として知られるアルゼンチノサウルスですが、現在の所、全身の骨格標本は見つかっておらず、四肢と脊椎の一部しか発見されていません。しかし、その一部の骨の大きさは巨大で他の近似種の恐竜と比較した結果、体長40m前後、体重約90トンというとてつもない大きさだという結論に達したとされています。

この巨大な恐竜は、その重さから歩くと地響きが起こっていたと考えられており、明らかに肉食恐竜にとっては発見しやすい恐竜であったと思われますが、その桁外れな巨大さ故に大型の肉食恐竜であっても攻撃するのは殆ど不可能であったと言えるでしょう。

尚、アルゼンチノサウルスとは「アルゼンチンのトカゲ」を意味し、アルゼンチンで発見された事から、その名がつきました。