背景画像

パラサウロロフス。[恐竜図鑑]

パラサウロロフス
Parasaurolophus

パラサウロロフスの画像
科名
パラサウロロフス科
分類
ケラポッド類、鳥盤類、ゲナサウルス類、周飾頭類(そうしょくとうるい)、ハドロサウルス類、アグアノドン類
生息地(発見地)
北米(アメリカ、カナダ)
時代
8200万~6600万年前(白亜紀後期)
全長
8~10m
体重
4~6トン
食べ物
植物
繁殖形態
卵生
解説
1921年に世界で始めて化石が発見されたパラサウロロフスは頭部からゆるいカーブを描きながら後方に突き出しているコブが特徴的な恐竜で、そのユニークな姿から一度見た人は必ずと言っていいほど覚えており、その大きなトサカはインパクトのあるものだと言えるでしょう。

パラサウロロフスのこの特徴的なコブは鼻の部分から伸びており、約2メートルの長さがあったとされ、昔は水中に入った時に呼吸をする為のシュノーケルのような役割を果たしていたのではないかと考えられていましたが、トサカの先端に開口部がなかった事からその説は否定され、仲間を呼ぶ際の共鳴器としての機能をもっていたのではないかなど、様々な説が生まれましたが、現在も具体的な役目についてはハッキリしていません。

尚、パラサウロロフスはハドロサウルス類の恐竜の中では最も生息数が少なかった恐竜のひとつだったと考えられており、同じハドロサウルス類に属するエドモントサウルスやマイアサウラといった種類は沢山の化石が見つかった事から標本が数千点も存在しており、基本的には群れで暮らしていた事が分かっています。
同じハドロサウルス類でありながらパラサウロロフスは発見数が少ない事から、学者の間ではおそらく群れではなく、単独で生活していたのではないかと考えられています。