背景画像

デイノケイルス。[恐竜図鑑]

デイノケイルス
Deinocheirus

デイノケイルスの画像
科名
デイノケイルス科
分類
獣脚類、爬虫綱、双弓亜綱(そうきゅうあごう)
生息地(発見地)
アジア(モンゴル)
時代
7000万~6500万年前(白亜紀前期)
全長
11~15m
体重
約6トン
食べ物
不明
(雑食と言う説もありますが、胃石と思われる小さな石が1000個以上発見された事から現在では植物食とする説が有力です)
繁殖形態
不明
解説
デイノケイルスの名前は「恐ろしい手」という意味で、この名は最初に発見された化石が長さ2.4mという巨大な2本の腕のみであった事が由来とされています。また、この巨大な腕は地球上に存在した全ての動物の中でもテリジノサウルスに次ぐ二番目の長さだと言われています。

デイノケイルスは二足歩行の獣脚類で腕の先には約30cmの3本の強力な鉤爪があるという特徴から大型の肉食恐竜ではないかとも言われていましたが、腕の動きは鈍くて狩りには用いる事はできないとする専門家の話や胃石と思われる小さな石が胴体部分の化石から新たに発見された事によって現在では肉食とする説は否定されています。
デイノケイルスを草食恐竜だとする説では腕の鉤爪は木の枝を引き寄せたり、樹皮をはがして食べる際に利用したり、肉食恐竜から身を守る為の武器として用いられていたのではないかと考えられています。

尚、デイノケイルスの記載者はH・オスモルとE・ロニエヴィッチで、記載年は1970年とされています。
関連ページ