背景画像

ギガノトサウルス [恐竜図鑑]

ギガノトサウルス
Giganotosaurus

ギガノトサウルスの画像
科名
カルカロドントサウルス科
分類
獣脚類、竜盤類、獣脚亜目、ケヌタラ類、カルノサウルス類
生息地(発見地)
南米(アルゼンチン)
時代
9600万年前(白亜紀後期)
全長
12~14m
体重
6~8トン
食べ物
繁殖形態
卵生
ギガノトサウルスの画像2
解説
ギガノトサウルスは1993年初めて化石が見つかった恐竜でカルカロドントサウルスやアロサウルスなどの近縁種にあたりますが、それらの有名な大型肉食恐竜と比べてもひときわ体の大きい恐竜であったとされ、有名なティラノサウルスを上回る巨大な体を持った恐竜であったと言われています。

ギガノトサウルスは肉食恐竜らしい、がっしりとしていて頑丈そうな体つきをしており、腹部に大きな突起があるのもこの恐竜の特徴です。また、手足には3本の鋭い鉤爪を持ち、獲物を捕らえて喰らいつく強靭な顎を持つ頭部は1.9メートルにも及んでいたとされています。

ギガノトサウルスの化石は複数の個体がまとまって発見された事から、群れで狩りをしていた可能性が高いと考えられており、学者達の推測ではアルゼンチノサウルスなどの超大型の恐竜を餌としていたと思われるギガノトサウルスは、今の肉食動物のように弱っている個体や子供などを狙って、複数で攻撃して捕らえていたのではないかと言われています。